ウェットキャットフードの種類(一般食)

1.一般食のキャットフードとは

一般食のキャットフードとは、いわゆる主食とは異なる「おかず」のことを指します。
ペットフード協会による定義によると、一般食(副食や間食としても表示される)は嗜好増進の目的で与えるキャットフードで、総合栄養食と併せて与える必要があるとしています。
一般食のみ与えてしまうと猫が健康を維持するだけの栄養素の基準を満たすことができません。
栄養不足や栄養の偏り、病気の原因となる可能性があります。

2.一般食の与え方

一般食のキャットフードは、あくまでおやつとして与えることで食欲を増やすことが目的です。
猫も毎日同じドライフードを与えられると飽きてしまい、食欲が減少してしまいます。
市販されている一般食のウェットフードは、味や匂いのバリエーションも様々な商品があるので、猫が好みの味や匂いのフードも探しやすいです。
食い付きが悪くなったドライフードへのトッピングとして一般食のフードを混ぜてみると、たくさん食べてくれるようになる可能性があります。

3.食欲を刺激する豊富な種類

ウェットフードの一般食は、猫の嗜好に焦点をあてた商品が多く販売されています。
パテやペースト状であれば、噛む力が弱った猫や、消化機能に不安がある猫でも安心して食べることができます。
ほかにも、水分がたっぷり含まれた水煮フレークやスープタイプのキャットフードもあります。
猫は積極的に水を飲む動物ではないため腎臓や内臓に病気を発症しやすいのですが、これらのフードを上手く与えることで、水分不足を解消できると考えられます。
あくまで総合栄養食の補助として、効率よく与える工夫が必要ですが、健康の助けとなり食欲を増やす効果も期待できるので、上手に活用しましょう。

4.与え過ぎに注意

主食となる総合栄養食には、単体で健康を維持するために必要な栄養素がバランス良く配合されています。
そのため、おやつとしての位置づけである一般食のウェットフードを頻繁に与えてしまうと、栄養バランスの偏りや肥満などを引き起こし、病気になるリスクも招きます。
食欲増進を目的とする場合はおすすめですが、猫にはライフステージ別に1日に必要なカロリーの目安が決められています。
好みのウェットフードを猫が覚えてしまうと、いつものご飯をあまり食べずに一般食のキャットフードを催促してくるかもしれません。
ですが、猫の健康を維持するために、必要な栄養素や適切なカロリーを守るために、与えすぎには十分気をつけるようにしましょう。

おすすめコラム一覧Related column