ウェットキャットフードのメリットとデメリットについて

1.ウェットキャットフードについて

ウェットキャットフードは、缶に入ったいわゆる「猫缶」と呼ばれるタイプや、プラスチックやアルミのパウチに入った商品があります。
嗜好性が高く、様々なフレーバーのフードや、原材料にこだわったプレミアムフードなどが発売されているため、おやつやご褒美にもおすすめです。
ウェットフードについての詳細はこちらの記事もご覧下さい。

2.ウェットキャットフードのメリットについて

・水分が多い
ウェットフードの水分量は、75%程度なので、食事と同時に水分補給ができます。
猫はあまり水を飲まないことが多いため、水分不足による腎疾患などの予防にも効果的です。
・嗜好性が高い
各メーカーから、味や匂いのバリエーションが豊富なフードが多く発売されています。
同じキャットフードに飽きて食欲が落ちてしまった猫の食欲増進にも役立ちます。
また、厳選された原材料を使ったプレミアムフードは、ウェットタイプのキャットフードで発売されている商品が多くあります。
・未開封の保存期間が長い
缶に入ったキャットフードの場合、保存期間は2~3年程あります。
長期保存ができるため、まとめ買いや買い置きができて便利です。
・柔らかい
水分が多く柔らかいので、子猫や歯の弱い猫、噛む力が弱まった老猫にも安心して与えることができます。

3.ウェットキャットフードのデメリットについて

・主食(総合栄養食)ではないことが多い
ウェットタイプのキャットフードは、副食やおやつといった扱いの商品が多いです。
ドライキャットフードに多い総合栄養食とは異なり、副食のみでは栄養の偏りや病気の原因にもつながりかねないため、不足分の栄養素を別途補う必要があります。
・歯垢や歯石が溜まりやすい
柔らかく歯にくっつきやすいウェットフードは、歯の隙間にたまることで歯垢や歯石となり、最終的には虫歯や歯周病にかかってしまう可能性があります。
・開封後は日持ちしない
水分が多く、長時間放置することで酸化が進み、雑菌やバクテリアが繁殖しやすくなります。
開封後は、なるべくその日のうちに食べきるようにしましょう。
特に梅雨時や夏場は傷むまでの時間が短いので、気をつけましょう。
・コストがかかる
ドライフードと比べると、一日あたりのコストが高くなる商品が多くあります。
最近では、ウェットキャットフードの総合栄養食もありますが、副食やおやつの場合は、主食となる総合栄養食も与える必要があるので、その点も考慮しましょう。

おすすめコラム一覧Related column