猫がアレルギーを起こす可能性があるキャットフードの原料は?

1.キャットフードによるアレルギーについて

食物に含まれる特定のタンパク質にからだの免疫機能が過剰に反応し、様々な症状が現れることを、食物アレルギーといいます。
アレルギー反応を起こすタンパク質のことを、アレルゲンと呼びますが、どの物質がアレルゲンになるかは個体差があります。
人間の場合、アレルゲンの特定には血液検査により抗体測定などを利用しますが、猫の場合はあまり精度が高くないため期待した結果が得られないこともあるようです。

2.どんな症状が現れる?

2-1.アレルギー性皮膚炎

アレルギーによる皮膚炎の場合、目の周りや顔・耳、お腹やふとももなどにも発疹が見られることもあります。
痒みを伴うので、猫が体をしきりに掻くようであれば、皮膚を確認してみましょう。
悪化すると、脱毛したり皮膚を傷つけたりしてしまいます。

2-2.アレルギー性胃腸炎・炎症性腸疾患

アレルギーが原因の胃腸炎では、嘔吐や下痢、血便などがみられます。
食欲もなくなり、体重が減少します。

3.アレルギーを起こす可能性のある原材料

猫が食物アレルギーにかかりやすいとされる原材料は、牛肉、魚肉、鶏肉、豚肉、ラム肉、麦(大麦・小麦)、大豆、トウモロコシ、卵、乳製品などのタンパク質を含む食品です。
酸化防止剤などの添加物がアレルゲンになることもあります。
何を食べてもアレルギーを起こさない猫が大多数ですが、どの原材料もキャットフードに使用されることが多いため、これをしていればアレルギーは絶対に避けられるというものはありません。
もいる。

4.アレルギーになってしまったら

4-1.除去食を試す

アレルギー反応は、これまでに食べたことがあるタンパク質に反応するため、鹿肉やカモ肉、アヒル肉など、これまでに与えたことのない原材料(タンパク質)を使ったキャットフードに変えてみましょう。
主食以外のおやつも該当します。
まずはアレルゲンを特定するために、原材料の少ないフードを選びましょう。
なお、キャットフードを変更しても、アレルゲンの判定には6週間~12週間ほどかかります。
すぐに異変や改善が現れるということはないため、時間をかけてじっくり改善を目指しましょう。

4-2.低アレルゲンのキャットフード

キャットフードには、低アレルゲンと記載された商品が販売されています。
アレルゲンとなり得るタンパク質を加水分解することで、アミノ酸まで分解されます。
体内にアレルゲンが取り込まれても、消化がスムーズに進むことで、アレルギー反応を起こしにくくなります。

4-3.手作りキャットフード

市販のキャットフードで思うような効果が得られない場合、手作りするという方法もあります。
ただし、猫が必要な栄養を十分補う必要があり、カロリーにも気を配る必要があります。
サプリメントを上手く活用し、栄養を補うと便利です。

おすすめコラム一覧Related column