FLUTD用・pH調整用のキャットフードについて

1.猫に多い尿路疾患

猫は尿の濃度が高くなりやすく結石ができやすい体質です。
あまり水を飲まないことが理由に挙げられますが、他にも運動不足や食事内容、肥満などが影響します。
猫の尿は、腎臓から尿管を通り、膀胱、尿道を通り排泄されています。
尿管までを上部尿路、膀胱から先を下部尿路と呼びます。
結石は、尿のミネラル分が不純物と合わさり、結晶化します。
この結晶が石化することで作られ、頻尿や排泄のコントロールができなくなります。
悪化するとからだの中の老廃物を排出できなくなり、下痢やおう吐、血尿や食欲不振を引き起こします。
発見が遅れると命にも関わるため、早期発見することが何より大切です。
猫の結石には、以下の種類があります。

1-1.ストルバイト尿石(リン酸アンモニウムマグネシウム)

猫に一番多く見られる結石です。
尿がアルカリ値に傾くとできやすくなり、リンやマグネシウム、タンパク質を控えるなどの食事療法でpHが酸性に傾くと溶けます。

1-2.シュウ酸カルシウム尿石

カルシウムを摂りすぎると、pH6以下の酸性で結石化しやすくなります。
.ストルバイト尿石と違って尿のpHを調整しても溶けないため、食事療法などでの治療はできません。
結石ができた場合は手術などで取り除く必要があります。
ただし、カルシウムを過剰に制限すると、防御本能が働き結石ができやすくなるため、適量を摂る必要があります。

2.pHとは?

pHとは、水素イオン濃度を表す数値で、酸性とアルカリ性のバランスを表します。
0~14まである数値のうち、7で中立の状態を示します。
7未満は酸性で、8以上はアルカリ性です。
尿のpH値がアルカリ性に傾くことで結石を作ります。
弱酸性を保つことが理想ですが、猫のpH値は1日のうちに大きく変動します。
食前採尿の数値でpH6~6.6を目指すと良いでしょう。

3.FLUTDとは?

FLUTDとは、下部尿路疾患のことを指します。
尿路結石や尿道閉塞などの病気の総称で、市販されているキャットフードには、治療が目的となる療養食と、予防が目的の総合栄養食の2つのタイプが販売されています。
FLUTDの予防目的で、誤って治療用のフードを与えてしまうと、尿のpH値が乱れてしまい、結石を作りやすくなってしまうことがあるので、注意が必要です。
結石だけでなく、病気の治療用フードを購入する際は、医師に必ず相談するようにしてください。

4.FLUTD・pHコントロール用フードの特徴

ストルバイト結石の原因にもなる、リンやマグネシウム、ミネラルの含有量を抑えています。
シュウ酸カルシウム結石対策のために、カルシウムの量も調整されています。
pHを酸性に傾かせて結石予防に働きかけるという理由で、クランベリーが配合されたフードやメチオニンが使われている商品もあります。
他に、水分摂取を促すために、ナトリウムが多めに配合された商品が多くあります。
尿の回数を増やし、薄めるという目的がありますが、腎臓や心臓に負担をかけることもあるため、不明なことがあれば医師に相談しましょう。

おすすめコラム一覧Related column