キャットフードのすべて

ヘアボールケアのためのキャットフード、メリットとデメリットとは?

短毛種、長毛種によって違いがありますが、猫はよく毛を飲み込みます。ザラザラした舌を器用に使って、暇さえあれば毛づくろいしている猫。毛は毎日抜けて生え変わりますが、とりわけ春と秋には夏毛、冬毛に生え変わるため猫の抜け毛が増えます。猫は、その毛を舌で絡め取り、ごくんと飲み込んでしまうのです。

毛を飲み込んでも大丈夫なの?

通常は便と一緒に外に排泄されます。また時々口から、吐き出すこともあります。しかし、「毛が生え変わる時期(冬、夏の直前)」には飲み込む毛の量が増えますから、身体の中に毛が溜まりやすくなります。この、猫の体内で玉のように丸まった毛のことを「ヘアボール」(毛玉)と呼びます。ヘアボールが大きくなると食欲が無くなったり、便秘になってしまうかもしれません。そんな毛玉を身体から便と一緒に排出しやすくするため、「ヘアボールケアのためのキャットフード」が開発されてきました。このキャットフードを猫に与える前に、ちょっと待って。ヘアボールケアのためのキャットフードには、メリットとデメリットがあります。まずは確認してみましょう。

ヘアボールケアのためのキャットフード、嬉しいメリット

人間も、野菜など「食物繊維」を摂らないと便秘になりやすいですよね。猫にも適度な食物繊維が必要です。毛玉をケアするキャットフードには、通常のキャットフードの2倍かそれ以上、多く食物繊維を含んでいます。毛玉を「溶かす」のではなく、食物繊維によって絡め取って便と一緒に外に排出してくれる効果があります。

ヘアボールケアのためのキャットフード、デメリットと注意点

こんな猫ちゃんには注意が必要です!

  • もともと便秘気味だった猫
  • 太り気味の猫
  • シニア猫など、胃腸の働きが低下している猫

毛玉の排出を助けてくれる食物繊維ですが、「お腹が張りやすく通常よりも便が大きく」なります。そのため、もともと便秘気味の猫や胃腸の弱い猫には大きな負担がかかり、症状が悪化することがあります。便秘が続くと身体に毒素が溜まり、ガンなどの病気を引き起こすこともあります。下剤で便を出したり、回復手術など大掛かりな手術に発展しないためにも、食物繊維を多く含んだキャットフードを頻繁に与えることは避けましょう。

また、ヘアボールケアのキャットフードは「穀物」が多く含まれている場合があります。消化に負担がかかるため注意しましょう。

おまけ 定期的なブラッシングでヘアボールを予防!猫草も効果的

キャットフードでケアするだけでなく、日頃からブラッシングをしてあげるのも効果的です。そうすればあまりにも多くの毛を飲み込まずに済みますね。

また、時々「猫草」を食べるのが好きな猫もいます。外に出ている猫は草を食べるのが自然です。猫には体内に溜まった毛や、自分が食べたものの中で消化できないものを、「草と一緒に吐き出す」本能があります。ですから室内飼いの猫にもホームセンターなどで売っている猫草を与えると、ヘアボールケアに効果を発揮します。吐くと最初はびっくりするかもしれませんが、生理現象なのであまり心配しなくても大丈夫です。

その猫に合わせて、ヘアボールケアに配慮していきましょう。